にんたま合唱部って?


 2002年、うたごえの青年たちが全国から集まって「全国青年うたごえ交流会」を淡路島で行いました。

 その交流会に参加した関東の青年たちは
「来年は自分達が関東で交流会をやりたい!」と、思い立ち、2003年夏に山梨でキャンプを企画。

 このサークルの名前は、キャンプの定番メニュー、カレーの材料「にんじん、玉ねぎ、ジャガイモ、豚肉」から


「にんたまじゃがにく」と名づけられました。


 2003年、アメリカでの同時多発テロに対する報復戦争はアフガンからイラクへと飛び火しようとしていました。「戦争はいやだ、平和がいい!」という意見で一致したにんたまメンバーは街に出て、イラク攻撃反対の活動を始めます。

 街行く人たちに訴える手段としてにんたまが選んだのは「歌」でした。

 駅前で、街角で、デモ行進で、にんたまはイラク攻撃の前後、20日以上の間、毎日どこかの駅前などで行動を続けました。そして、「もっといろんな歌を覚えたい」「アピール力を高めるためにしっかり演奏できるようになろう」という要求から、「にんたま合唱部」が誕生しました。

 「若い世代の私たちだからできること」を考えながら、とにかく歌い、学び、語り、遊び、仲間の輪を広げようと活動をしています。
 また、にんたま合唱部は「うたごえは平和の力」というスローガンで活動しているうたごえ運動とも深く共感し、「日本のうたごえ全国協議会」に加盟をして、うたごえとも活動をしています。
 2006年には、にんたま合唱部のメンバーが中心となって、「第1回全国青年のうたごえ祭典inTokyo fフォルテ〜大きくうたえ」を開催し、北海道から九州まで、100人以上の青年が参加をしました。

 「合唱をやってみたい」「大きな声を出してすっきりしたい」「平和や、いろんなことについて学びたい」「とにかく色々遊びたい」という方、にんたま合唱部は、本当にいろんなことをやるサークルです。ぜひ一度遊びにきませんか?

TOPへ

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー